私達は国立キャンパス100年の森プロジェクトを推進します。

トピックス

-来月の定例作業日は11月16日(金)です-

本年度第二回目の休日作業

6月、9月と今年度は二回定例作業が雨の為実施できず、この日もどんより気味の空模様ではありましたが 降雨には幸い至らず、むしろ暑くも無い作業には良い日であったと言えるかと思います。第188回定例作業/第13回休日作業は、福嶋顧問、職員7名、初参加1名と久しぶりに参加の数名を含む47名のOB/OG,学生94名、総計149名が作業に参加しました。数回の臨時作業で一部対応を計ってきたとは言え伸びるに任せた雑草・雑木、植込みはあちこち突出・ヤブカラシ繁茂に加えて、先月来の二回の台風による折れた枝等がまだ片付け切らずにあちこちに散らばる状況で、大いに奮闘の仕甲斐がありました。

リーダーから丁寧な作業指示

リーダーから丁寧な作業指示

第一班は東キャンパスの第一号館南側の折れた枝や枯れた枝の処理と雑草の除去、数多い放置自転車整備と清掃を担当しました。雑草の中に散らばる折れた枝や 雑木の切れ端等を丁寧に拾い集め飛散する物が無いのを確認してから 刈払機の出番となりますので、大勢でまず折れ枝拾いから作業しました。

作業前の様子

作業前の様子

折れた枝の除去から

折れた枝の除去から

枝除去後は刈払機で

枝除去後は刈払機で

きれいになりました

きれいになりました


第二班は西キャンパスの磯野研究館周りの植込みの整備と雑草の除去、清掃を担当しましが、磯野研究館北側と 社会科学古典資料センターの間の道の両側が主な作業エリアとなりました。植込みにはつる状の雑草ヤブカラシが繁茂殆ど植込み全体を覆わんばかりの状態でした。

磯野研究館周り作業前

磯野研究館周り作業前

磯野研究館北側作業中

磯野研究館北側作業中

この数倍要処理

この数倍要処理

磯野研究館周り作業後

磯野研究館周り作業後


第三班は西キャンパスの第一研究館の南側の植込みの整備と雑草の除去、清掃を行いました。第一研究館と図書館の裏手に挟まれ道が建物で行き止まりに当たる処の為 これまで手付かずであった事もあり しっかりと注意を向けてケアーを要するエリアです。

第一研究館南側作業前

第一研究館南側作業前

植込みの邪魔者整理

植込みの邪魔者整理

雑草と格闘

雑草と格闘

一研究館南側作業後

一研究館南側作業後


第四班は西キャンパスの経済研究所周辺から北門付近の雑草の除去と清掃を行いました。北門左手前の木立や 図書館脇から北門 に向かう道の周辺まで かなりの広さをきれいにしました。

経済研究所北側から北門方向

経済研究所北側から北門方向

北門手前で清掃 作業

北門手前で清掃 作業


北門左手前で作業

北門左手前で作業

北門左手前作業後

北門左手前作業後


第五班は野球場の北側に在る苗床からアカマツを4本、隣接地のハンドボール場横に移植しました。移植する先の穴掘り、苗を掘り出して運搬、穴に移植して水をたっぷりと与え、しっかり土も掛け植え込むというかなりの力仕事ですので、力自慢の男子学生の参加を募り、ぱっと挙手 或いは 目で促されて—と参加の意思表示にややバラエティー在るも10人余の強力な陣容を擁し、福嶋顧問と大川作業班長の指導・指揮の下しっかりと移植する事が出来ました。

僕たちが植えました

僕たちが植えました

移植の為の穴掘り

移植の為の穴掘り

移植する苗の掘り出し

移植する苗の掘り出し

水をしっかりと

水をしっかりと

土をしっかりと

土をしっかりと


作業後の交流会は 西プラザ1階の食堂一杯の規模で、OB/OG と学生が一緒のテーブルに付き 飲み物、軽食と共に大いに歓談楽しい時間を過ごしました。

津田会長音頭で皆で乾杯

津田会長音頭で皆で乾杯

杉山先輩のお話に皆引き込まれる

杉山先輩のお話に皆引き込まれる


今月の作業詳細と大池明副会長(昭44商)の作業感想文はこちら →

What's New

●臨時作業:10月8日(月)

雨で流れた9月の定例作業を補完すべく、9月24日に臨時作業を実施し、第二講義棟南側の整備を行いましたが、やり残した部分もあり、10月8日に更にその補完作業を実施しました。亦13日の休日作業日に予定されているアカマツ4本の移植準備作業も行いました。
参加者:津田、徳永、高原、大池、五島、柳沢、小山、大川、芦田、河村、秦、地田、善宝

 

●ワーキングチーム(WT)ミーティング:10月15日(月)

平成30年度の第3回ミーティングが西本館1階特別会議室で行われ、大学から古川施設課・課長代理、坪谷係長、久保田専門官のお三方、植樹会からは津田会長、大川副会長、河村副会長、徳永理事、飯塚理事の五名が出席し、次の事項の報告、認識の確認、一橋ディスカッションを行いました:
・瓢箪池清掃作業——大学が実施、既に一部始まっている
・要管理木の資料精査と進捗状況の摺り合わせ
・植樹・移植計画
・キャンパスの内の倒木、落枝の処理
・一橋祭前の業者による作業場所

 

●臨時作業:10月27日(月)

一橋祭を来月に控え 月末に追加の臨時作業を実施しました。まず兼松講堂斜め前の強風に依り支えから落ちていた梅の補強に掛かり、全員で梅を持ち上げ支えに乗せて再度紐でしっかりと固定しました。その後 東キャンパス東一号館南側、経済研究所北側・統計情報センター東側、磯野研究館東南側の雑草除去と低木の剪定(磯野研究館)に汗を流しました。
亦今月の休日作業日に移植した4本のアカマツを竹の支柱で補強する作業も実施しました。

補強作業前の梅の木

補強作業前の梅の木

皆で力を合わせ持ち上げる

皆で力を合わせ持ち上げる

補強後支えにしっかりと

補強後支えにしっかりと

移植されたマツと支柱

移植されたマツと支柱


作業参加:中居、徳永、高原、谷中、小山、大川、飯塚、須藤、地田

 

●今年の一橋祭:11月23日—25日開催

例年の如く「森のクラフト教室」で参加、西キャンパス本館32番教室で実施いたします。
亦一橋祭に向けた事前準備作業として、一橋祭運営委員会との共同作業を11月12日(月)に実施を予定しています。

 

●学生コーナー

今月はお二人から寄稿を戴いていまが、植樹会活動の中で 何を見て 何を吸収し考えていくのかを語ってくれています:
金尻涼真(商4)「学生と社会人の違い」 → こちら
菅原創(経3)「長くつないでいくもの」 → こちら

●アカマツ基金へのご寄附

このたび母校の象徴的な樹木であるアカマツの害虫被害対策として「アカマツ基金」を創設致しました。
ここをクリック →

ぜひご寄附をお願い致します。

 

●新規会員登録

7月には佐藤 環(昭47経)さんにご入会いただきました。ご支援有り難う御座います。

尚、入会に関しましては、会員登録はこちらをクリックしていただき、必要事項記入の上、支払方法「如水会DCカード口座よりの自動引落し」を選択し、「登録」ボタンを押していただければ、すぐに会員として登録されます。

お知らせ

悪天候で作業ができない場合でも、催し物を企画し、交流会も実施します。時間通りお集まりください。

作業参加申込

一橋植樹会では活動に賛同し,会員と して年会費で支援していただける方、 作業に参加して下さるボランティアの方を募集しています。 入会に関する質問にお答えしますのでクリックして下さい。

会員登録

入会に関しましては、必要事項記入の上、支払方法「如水会DCカード口座よりの自動引落し」を選択し、「登録」ボタンを押していただければ、すぐに会員として登録されます。

卒業記念植樹支援要綱

植樹会史

クリックするとPDFが開きます

クリックするとPDFが開きます

bnr_hitotsubashidaigaku
bnr_josuikai
bnr_ikkyousai
ATT00001

緑の回廊

クリックするとPDFが開きます

アーカイブから

皆様の声

ご意見、ご要望、投稿などはこちら
※メールの宛て先は一橋植樹会事務局となっています

PAGETOP
Copyright © 一橋植樹会 All Rights Reserved.