私達は国立キャンパス100年の森プロジェクトを推進します。

トピックス

令和元年9月30日

来月10月19日(土)は 今年度第二回目の休日作業日です。週日の作業日では
参加の難しい方や多数の方々の参加をお待ち申し上げます。

 

定例作業200回目を迎えて

河村 進(昭49経)

1973年(昭和48年)10月に創立総会を開催して発足した一橋植樹会は2003年に新生植樹会として、現在のようなボランティアによる作業活動を伴う形式に変化しました。その第1回目の定例作業は同年7月に10数名の参加者でおこなわれました。それ以降8月を除く年間11回の定例作業(休日作業を含む)とKODAIRA祭と一橋祭前の学生との2回の共同作業を含めた年間合計13回の作業を公式の作業日としてカウントしています。2011年11月に第100回目の作業を迎え、記念植樹を行いました。先日2019年9月20日の定例作業日が第200回目の作業日に該当いたします。今回も記念植樹を計画していますが、9月は植樹の適期ではない為、10月以降に実施を致します。

一橋植樹会では年間13回の公式作業以外に、頻繁に臨時作業を行なっています。公式作業だけではとてもキャンパスの緑を適切に維持管理できないからです。最近は体育会運動部各部との共同作業を臨時作業で行うことが増えています。ラグビー部、男女ラクロス部とのラグビー場の周辺整備、硬式野球部との硬式野球場周辺整備、弓道部との弓道場周辺整備などです。これらに加えて先日はフィールドホッケー部とも最近全面改装されたグラウンド周辺の整備を行ないました。この他この秋にはハンドボール部や硬式庭球部とも協同作業を計画しています。運動部各部との共同作業では、各部の要望も組み入れて綿密な作業計画を練っており、流石に自分が使用する場所の整備だけに熱のこもった部員の皆さんとの共同作業は、参加する植樹会員にとっても大変遣り甲斐があります。今後とも運動部各部との共同作業を増やすように働きかけていきます。

最後に残念なお知らせが有ります。長らく作業日の更衣室としてまた作業後の交流会の場所として使用していた職員集会所はこの10月末日を以って貸し出しを停止されることになりました。昭和9年に完成した職員集会所は構造部材の老朽化が進み、雨漏りの頻発やハクビシンなどの野生動物の侵入などにより、安全衛生上の観点から使用停止になったとのことです。大学側もこれまでの利用者に対して、代替施設の提供を検討していますので、11月からの作業での更衣や作業後の交流会も支障なくできるように手配を致します。それでもあの趣のある職員集会所が使えなくなるのは何とも寂しく残念なことです。来る10月19日の休日作業日は職員集会所を使える最後の機会になりますので、皆様是非とも参加されるようお願い致します。

 



What's New

●第200回定例作業 :9月20日(金)

とにかく暑かった夏を何とか凌いだと思ったら 台風関東上陸と散々な日々が多かったのですが、200回目の定例作業は、気温26度の青空のもと、顧問3名、職員5名(総務課、施設課から参加いただきました)、OB 47名、学生48名の合計103名が雑草・ツタ類や木々が 繁茂の勢いを緩めぬ西キャンパス四か所で 草刈りやツル性植物除去の作業に励みました。雑草等の刈り取りに刈払機が絶大な威力を発揮しますが、金属やナイロンコードの刃にツルや刈った葉が絡まると 作業能率の低下と刃の破損等をもたらす恐れ多く、最初まずしっかりと一帯のツル性植物の根からの除去を徹底し、それから刈払機を使うように作業班から開始に当たり指示がありました。

第1班は西キャンパス第二講義棟南側の自転車置き場の雑草やツル性植物の刈り取り・整備に取り組みました。放置自転車にツルや雑草がカバーのように覆いかぶさり自転車の形が見えぬ有様。丁寧にそれらを取り除きならび直すのが大変でした。

草とツルに埋もれる自転車との格闘

草とツルに埋もれる自転車との格闘

第二講義棟南側作業前

第二講義棟南側作業前

刈り取りも大分進みました

刈り取りも大分進みました


第2班は西キャンパス第一講義棟南側及び東側、職員集会場前雑草やツル性植物の刈り取りと整備作業に務めました。あまり目立つ所ではありませんが、随分とすっきりとしました。

職員集会場前整備作業の後

職員集会場前整備作業の後

第一講義棟南側作業

第一講義棟南側作業前

第一講義棟南側作業後

第一講義棟南側作業後


第3班は西キャンパス第一研究館周辺とイノベーション研究センター西側の雑草とツル性植物除去を行いました。

ツルをしっかりと引き抜く

ツルをしっかりと引き抜く

第一研究館東側側作業前

第一研究館東側作業前

第一研究館東側作業後

第一研究館東側作業後


第4班はひょうたん池周囲の雑草とツル性植物除去、植え込みの剪定等の整備作業を担当し、池の東側から西プラザにかけてと、陸上競技場側一帯にかけてまできれいになりました。

ひょうたん池周囲を整備

ひょうたん池周囲を整備

ひょうたん池南側作業前

ひょうたん池南側作業前

ひょうたん池南側作業後

ひょうたん池東側作業後


交流会では いつもの如くOBと学生がいくつものグループで談論活発、年齢を超え議論と意見交換に楽しい時間を過ごしました。

今月の作業感想文は山口久基理事(昭50法)にお願いしました。作業内容、参加者、作業地図と共にご覧下さい:
→ こちら

 

 

●8月/9月の臨時作業 / 共同作業

今年の夏は 猛暑日及び真夏日続きで気温が例年より高く、いきおい雑草の伸びも凄まじい事となり、定例作業では間に合わない為、8月に2回、9月に1回の臨時作業を行いました:

(1)8月16日(金),8月19日(火):野球部との共同作業、野球場周辺の整備

毎年この時期に野球部の諸君と実施していますが、今年は雑草等の繁忙著しく、16日は準備作業として 植樹会会員が午前中から昼食を挟んで午後まで 刈払機使用での右翼フェンス裏から陸上競技場横にかけての雑草にまず取り組み、19日は部室周辺と左翼外野フェンス外側(岸田ロード)を中心に午前中から作業を進め、午後から練習後の部員40名が参加しフェンス周辺のツル性植物除去と 片付け・整理に汗を流しました。

右翼フェンス奥

右翼フェンス東側で刈払機威力発揮

部室周辺

部室周辺

部室の右横

部室の右横


左翼フェンスと岸田ロードに沿って

左翼フェンスと岸田ロードに沿って

左翼フェンス横の整理

左翼フェンス横の整理


右翼フェンス奥皆で片付ける

右翼フェンス奥皆で片付ける

スッキリとしました

スッキリとしました


作業参加者:中居(38経)、三浦(41経), 津田(42商)*、徳永(42商)*、高原(42社), 湯川(42社) ,柳原(44社),谷中(45社), 小槙(46法), 林(47経), 河村(49)*、小山修(49法), 山口(49法), 須藤(50商),飯塚(50経)*、地田(50法) , 木田(50社), 蔵屋(53商), 善宝(53法),(16日10名、19日13名 *両日参加者)

(2)9月10日(火):ホッケー部との共同作業、ホッケー場東側の雑草・ツル性植物刈り取り、及び如意団道場周辺の雑草の・カヤの刈り取り

ホッケー場東側北部の雑木林周辺の雑草やツル性植物の刈り取りを 刈払機活用主体で午前中から開始、その作業継続と落枝等の片付け・整理を 午後から参加のホッケー部員18名と共に実施しました。
又如意団道場周辺の伸びる一方の雑草を対策に 刈払機部隊導入し所定の作業範囲を刈り取りました。

ホッケー場(左)東側の北部

ホッケー場(左)東側の北部

ホッケー場東側フェンス横

ホッケー場東側フェンス横

雑木林の中で作業

雑木林の中で作業


刈った雑草等と枝の片付け・整理

刈った雑草等と枝の片付け・整理

如意団道場周辺

如意団道場周辺

刈払機フル稼働

刈払機フル稼働


作業参加者:中居(38経)、津田(42商)、徳永(42商)、高原(42社)、柳原(44社)、谷中(45社)、小槙(46法)、河村(49経)、須藤(50商)、飯塚(50経)、秦(50社)、蔵屋(53商)

●学生コーナー

今月は学生理事お二人から最近の気候の動きや目にするものをテーマに寄稿をいただきました:
鳥集佑子(商4)「百日紅」 こちら 
中村優佑(商4)「自然との共生」 こちら →

 
●アカマツ基金へのご寄附

一橋植樹会会員及び関係者の皆様  (7月掲載の報告を再掲載させていただきます)

「アカマツ基金」は、昨年の総会で2年間500万円を目標額として創設され1年が経過しました。お陰様でこれまでに延べ92名、4,104,000円のご協力を頂戴しました。改めまして厚く御礼申しあげます。

なお、4月にご報告申しあげましたが、既に2018年度計画アカマツ46本に対する薬剤樹幹注入費用、約1,200,000円の内500,000円を「アカマツ基金」より、また200,000円を植樹会予算より大学に支援金として提供しました。

残る134本につきましても、本年度後半より3年間にわたり順次樹幹注入を実施して参ります。

一方、現存のアカマツ355本に対する薬剤樹幹注入による活性化対策に限らず、嘗ての1千本を目標に新植も行ったらどうかとのご示唆も会員の方から頂きました。

昨年10月13日の休日作業日には5本のアカマツをハンドボール場東空地に移植しました。更に苗床の8本の移植と幼木10本の新植栽を2月末に行ないました。その費用として211,680円をアカマツ基金から払い出しました。

2019年4月ー6月の実績を集計しましたので以下のとおりご報告申しあげます。

一橋植樹会 「アカマツ基金」 集計表
(19年4月ー6月)
寄附金額@   人数   合計金額
100,000       4     400,000
50,000       1     50,000
30,000       3     90,000
20,000       2     40,000
10,000       4     40,000
5,000       3     15,000
合計       17     635,000

 

末尾のURLをご参照願いますが、基本的に振込先は「一橋大学後援会」に直接お願いしております。
ところが、複数の会員から、寄附はしたいが振込方法が複雑で良く分からないとのお話を頂いております。

そこで簡便な方法として、以下の植樹会口座に直接お振込頂いた場合には、都度、お振込分を植樹会から「一橋大学後援会」に代理振込させて頂くことにしております。

◎ ゆうちょ銀行振替:口座記号 00110=6 口座番号 576825
加入者名 一橋植樹会  (振替手数料当会負担)

◎ 銀行振込:三井住友銀行 国立支店 普通預金 8207656
口座名義人 ヒトツバシショクジュカイ

 植樹会からは代理振込をしますので、名義人、住所、電話番号は必ずご連絡ください。
この場合でも、振込後、後援会から確定申告に必要な寄附証明書がご自宅に発送されます。確定申告時、約40%の税額控除が受けられます。

なお、昨年5月号HP掲載の趣意書を以下ご連絡しますので、クリックして後援会の寄附要領に入ってください。

http://www.hitotsubashi-shokujukai.jp/%e3%80%8c%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%9e%e3%83%84%e5%9f%ba%e9%87%91%e3%80%8d%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%81%94%e5%af%84%e9%99%84%e3%81%ae%e5%be%a1%e9%a1%98%e3%81%84

いずれの場合でも、如水会々報には「一橋大学後援会にご寄付」の頁には寄附者名と寄附金額が掲載されます(匿名希望者を除く)。
今後とも基金を使い新植によるアカマツ林の復活を目指しますので、是非ご寄付の程宜しくお願い申しあげます。

一橋植樹会 会長 河村 進 拝

 
 


7月に次の6名の方からご寄附いただきました。まことに有り難うございます。
趣旨に添い、大切に使わさせていただきます:

杉山 守(昭35経)     関野 衛(昭41経)      森 純一(昭48経)
末松義規(昭55商)    入内島達也(昭63商)    岩永泰典(昭63法)

 

●新規会員登録

7月に18名、8月に2名の方々にご入会いただきました。ご支援有難うございます。
新規会員の詳細はこちら 

入会に関しましては、会員登録はこちらをクリックしていただき、必要事項記入の上、支払方法「如水会DCカード口座よりの自動引落し」を選択し、「登録」ボタンを押していただければ、すぐに会員として登録されます。

お知らせ

悪天候で作業ができない場合でも、催し物を企画し、交流会も実施します。時間通りお集まりください。

作業参加申込

一橋植樹会では活動に賛同し,会員と して年会費で支援していただける方、 作業に参加して下さるボランティアの方を募集しています。 入会に関する質問にお答えしますのでクリックして下さい。

会員登録

入会に関しましては、必要事項記入の上、支払方法「如水会DCカード口座よりの自動引落し」を選択し、「登録」ボタンを押していただければ、すぐに会員として登録されます。

卒業記念植樹支援要綱

植樹会史

クリックするとPDFが開きます

クリックするとPDFが開きます

bnr_hitotsubashidaigaku
bnr_josuikai
bnr_ikkyousai
ATT00001

緑の回廊

クリックするとPDFが開きます

一橋植樹会 小冊子7号
クリックするとPDFが開きます
アーカイブから

皆様の声

ご意見、ご要望、投稿などはこちら
※メールの宛て先は一橋植樹会事務局となっています

PAGETOP
Copyright © 一橋植樹会 All Rights Reserved.