私達は国立キャンパス100年の森プロジェクトを推進します。

トピックス

- 9月の定例作業日は9月21日(金)です -

- 本年度第一回目の休日作業日 -

 

7月中旬に入り新聞、テレビには連日“猛暑“”酷暑“”記録的暑さ“等の言葉が禍々しく並ぶ日々が続き休日作業の実施に検討を示唆する声もある状況でしたが、週日では参加が思うようにならない方々に参加いただける折角の機会でもあり、以下の対策を以て参加者の負担の最小限化と作業の安全実施を図る事としました:
・ヒヤロン(急冷剤)、経口補水飲料の十分な準備と使用
・作業時間の短縮・分割化—30分作業2回、途中に10分休憩、通常比作業時間は1/2に
・体調変化への注意の勧奨強化、体調不良者ある際の搬送等対応方法確認(リーダー他)
・作業時間短縮後は 福嶋顧問の座学:先生のご好意に感謝

7月21日(土)実施の第186回定例作業/第12回休日作業には顧問・教員2名、職員5名、後援会事務局1名、OB/OG52名、学生119名の計179名が参加しましたが、一人の体調不良者も怪我人もなく作業を終える事ができました。作業初参加は大学の事務局長と財務部長のお二人と OB 1名でしたが、昭和55年以降卒業の方の参加も漸増、亦大いに活躍してくれた学生の中にも作業初参加者が見られ、全体で通常作業日より多めの休日作業となりました。

作業班長の注意事項伝達

作業班長の注意事項伝達

第1班は西本館東側の植込み整備と雑草除去、清掃に取り組みました。正面から東側のテラス横までの範囲の伸び放題との格闘です:

西本館東側作業

西本館東側作業

西本館東側作業前

西本館東側作業前

西本館東側作業後

西本館東側作業後


第2班は図書館横の植込み整備と雑草除去、清掃です。刈払機等の機械の入る場所は比較的少なく、丁寧な手仕事での植込み整備とはびこる雑草除去が主となりました:

図書館東側作業

図書館東側作業

図書館東側作業前

図書館東側作業前

図書館東側作業後

図書館東側作業後


第3班は矢野二郎像周辺の植込み整備、雑草除去、清掃です。しぶとい雑草の根から除去に 丁寧に取り組みました:

矢野次郎像周辺作業

矢野次郎像周辺作業

矢野次郎像周辺作業前

矢野次郎像周辺作業前

矢野次郎像周辺作業後

矢野次郎像周辺作業後


第4班は西プラザ北側の植込み整備、雑草除去、清掃に努めました。皆で植込みの根元の雑草を根から引き抜きます:

西プラザ北側作業

西プラザ北側作業

西プラザ北側作業 前

西プラザ北側作業 前

西プラザ北側作業後

西プラザ北側作業後


第5班はベテランOB数名と学生同数程で 東正門横の植込み整備と清掃を行いました:

東正門横整備

東正門横での植込み整備

第1講義棟403号室での 福嶋顧問の「国分寺崖線沿いの自然」の講義は、次のような要点を ふんだんに写真や図を用いて解説していただける濃い内容の1時間でした。満員の聴講者の中からも 江戸時代初期の上水の土木工学等の技術と知恵の素晴らしさに驚くと言う感想等が出ていました。
・武蔵野台地・国分寺崖線の成り立ち —- 地層の形成と崖線の所在
・武蔵野と人々の営み —- 8世紀の高麗・新羅からの渡来人の定住、室町時代末期
からの開墾、江戸時代の画期的/大規模な上水の建設
・国分寺崖線沿いの公園/庭園 —- 無数にある湧き水、開発・住宅増加の影響で減少

皆聞き入る

皆聞き入る

暑さの中の頑張り、座学の興味深い講義の印象、いつもと一寸違った内容の作業日故の満足感/高揚感からでしょうか、交流会はいつもにまして盛り上がりました。作業初参加のお三方には、長谷川事務局長に乾杯の音頭を、吉田財務部長に中締めをお願いしお話を交え交流会の温度を高めていただき、佐藤環さんはサンデー毎日の如水会の記事掲載のお話で盛り上げる等 交流会のムードは高まる一方でした。

乾杯は長谷川事務局長

乾杯は長谷川事務局長

中締めは吉田財務部長

中締めは吉田財務部長


佐藤環さん

佐藤環さん

交流会の様子

交流会の様子


■定例作業の作業詳細と感想文(寄稿者は理事の善宝俊文(昭53法)さんです)はこちら ⇒

(写真・文 谷中)

What's New

●ラグビー場整備作業:7月4日(水)

恒例のラグビー場及び外周の整備作業を 学生176名と支援の植樹会15名で実施しました。ラグビー部グランド管理の大池英世さん(商3)からレポートいただいておりますので、その様子をご覧下さい:

ラグビー部 グラウンド管理 大池秀世

 

7月4日水曜日、ラグビー場及びその周辺の除草作業を、大学施設課と植樹会の皆様の協力の下、ラグビー部、男子ラクロス部、女子ラクロス部の共同作業で行いました。作業場所は、ラグビー部がラグビー場入り口とクラブハウス周辺、男子ラクロス部がラグビー場フェンス内側と東側空き地スペース、女子ラクロス部がグランド外周をそれぞれ担当し、総勢176名の学生が約2時間半作業に取り組みました。
施設課の皆様から、除草用の道具類全般をお貸しいただき、学生は各々道具を活用して作業に取り組みました。また、植樹会の皆様には、道具類の運搬や準備をお手伝いいただいた他、草刈り機を使用して学生ではできない枝の切り落としなどをしていただき効率的に除草作業を進める事が出来ました。

午後1時からの約2時間半の作業の結果、除草作業が完了し、ラグビー場とその周辺は非常にすっきりとしました。東側のスペースの作業も大きく進みました。時間の関係でラグビー場周辺全部を除草することはできませんでしたが、除草した場所の見違える変化には大変満足しております。
作業を終えて、我々学生が恵まれた環境で部活動をすることが出来ているのを実感するとともに、去年からの1年間でまた草が生い茂り、いかに定期的な手入れが重要なのかを再確認いたしました。多くの方の支援のお陰でこの環境を維持することが出来ているということに感謝をし、来年以降も、こうした取り組みを継続できればと思います。
最後になりますが、ご協力いただいた大学施設課の皆様、植樹会の皆様に心よりお礼申し上げます。

 




(写真:津田会長)

 学生176人の熱意に加えて、OBの刈払機等が広い範囲の除草に今年も威力を発揮しましたが、高枝切鋏もその技を見せました。アレキサンダー大王率いるマケドニアの歩兵が持つ長槍もかくやの6米余の長さですが、そちらはハリネズミのような密集方陣(ファランクス)を作り、こちらは高い木の枝の先を器用に切断処理します。

●学生班と学生理事による臨時作業: 7月4日(水)

「くにたちのお花畑」の夏の花としてヒマワリの苗を80株程植えました。

5月にビニールポットに種を蒔き、6月に発芽を待って植え付ける予定でしたが、6月の定例作業日は雨天の為順延していたものです。40cm程の高さとなりますが、咲くのは夏休み中頃で きれいな黄色の花に全面覆われた「くにたちのお花畑」は 学生さんには ウ~ン残念かも知れません。

●刈払機講習会実施:7月13日(金)

一昨年来、植樹会の作業で刈払機の作業に従事する為には 必ず講習会を受講する事が徹底されて来ていますが、今回その第5回講習会を実施しました。ベテランの講師陣4名が 受講者5名に対しその構造の特色と、使用上の要点・注意点の説明の後実際に実技の指導をみっちりと行いました。受講者の年次は昭和46(2名),47,52,平成8と大分若くなり、今回の講習を経て刈払機作業可能者は40名を越え、作業の機会と範囲の拡大が一層期待されます。年次的には 昭和44年(70才+)を真ん中にその前と後が各々半分となりました。

●平成30年度第2回ワーキングチーム(WT)会議:7月23日(月)

大学からは古川施設課・課長代理他2名、植樹会からは津田会長他3名で次の事項について打ち合わせを行いました:
・要管理木の資料精査、進捗状況
・ひょうたん池のかい掘りプロジェクトチーム(PT)組成と 大学への承認申請等今後の行程と考慮すべき点
・植樹・移植計画
・放置自転車処理後の整備;例年と同様植樹会は全面的に協力
・用具の状況

●西キャンパスでの臨時作業:7月24日(火)

先週末の休日作業日は 猛暑時の体調管理に万全を期す要有ることから作業時間に制約を設けざるを得ず、已むを得ず手が付かずやり残した部分が残り、気に掛かるとの声が聞かれました。29日のオープンキャンパスに備え 業者さんの手が中央庭園周辺には入るとは言え、磯野研究館周辺等も含め整備しておきたいカ所もある事から 有志9人が補完整備作業を実施しました。

作業参加者:津田、徳永、大池、樋浦、大川、芦田、河村、飯塚,善宝

●特別掲載

週刊誌サンデー毎日に、シリーズ「大学同窓会の研究」と題する記事の掲載がありますが、7私大に続き、国立大学の口火を切ってこのたび最強の同窓会として、7月17日発売の7月29日号と同24日発売の8月5日号に上下2回に分けて如水会が取り上げられました。後編の8月5日号では、冒頭植樹会の歴史と活動が紹介されています。
本ホームページへ転載の許可を得て、ここに掲載致しますので、ご覧いただきたく存じます。サンデー毎日に掲載の記事サンデー毎日に掲載の記事サンデー毎日に掲載の記事サンデー毎日に掲載の記事サンデー毎日に掲載の記事サンデー毎日に掲載の記事サンデー毎日に掲載の記事サンデー毎日に掲載の記事

 

 

 

●学生コーナー

学生寄稿文は→こちら

●アカマツ基金へのご寄附

このたび母校の象徴的な樹木であるアカマツの害虫被害対策として「アカマツ基金」を創設致しました。
ここをクリック→
是非ご寄付をお願い致します。

6月に次の3名の方からご寄附いただきました。まことに有り難うございます。
趣旨に添い、大切に使わさせていただきます。

徳永興亜  (商42商)
小槙達男  (昭46法)
大畑忠   (昭55経)

 

●新規会員登録

6月は6名の方にご入会頂きました。ご支援有り難う御座います。

新規会員の詳細は →こちら

尚、入会に関しましては、会員登録はこちらをクリックしていただき、必要事項記入の上、支払方法「如水会DCカード口座よりの自動引落し」を選択し、「登録」ボタンを押していただければ、すぐに会員として登録されます。

お知らせ

悪天候で作業ができない場合でも、催し物を企画し、交流会も実施します。時間通りお集まりください。

作業参加申込

一橋植樹会では活動に賛同し,会員と して年会費で支援していただける方、 作業に参加して下さるボランティアの方を募集しています。 入会に関する質問にお答えしますのでクリックして下さい。

会員登録

入会に関しましては、必要事項記入の上、支払方法「如水会DCカード口座よりの自動引落し」を選択し、「登録」ボタンを押していただければ、すぐに会員として登録されます。

卒業記念植樹支援要綱

植樹会史

クリックするとPDFが開きます

クリックするとPDFが開きます

bnr_hitotsubashidaigaku
bnr_josuikai
bnr_ikkyousai
ATT00001

緑の回廊

クリックするとPDFが開きます

皆様の声

ご意見、ご要望、投稿などはこちら
※メールの宛て先は一橋植樹会事務局となっています

PAGETOP
Copyright © 一橋植樹会 All Rights Reserved.