私達は国立キャンパス100年の森プロジェクトを推進します。

「アカマツ基金」へのご寄附の御願い

  • HOME »
  • 「アカマツ基金」へのご寄附の御願い

 昭和初期、母校が一ツ橋の地から国立への移転時、当時の佐野善作学長は武蔵野に多く残っていた雑木を払いアカマツを残し、更に東キャンパスに専門部が移転する際には、建物を建てるに先立ってアカマツ300本を移植されたとの伝説が残っています。武蔵野の里山を代表する樹木であったからでしょう。

その変遷を振り返りますと、昭和40年代初期には国立・小平キャンパス合わせて2,000本近くのアカマツがあったとの記述が見られます。

一方、大学としては米国からもたらされ長崎から全国に蔓延したマダラカミキリが媒介するマツノザイセンチュウによる松枯れに対応するため、平成4年2月に国立709本、小平80本に対して2年間有効な活性剤を千数百万円かけて樹幹注入しました。

翻って、現在は国立360本、小平23本が確認されるのみですから、僅か半世紀の間に信じられないほど多くのアカマツが母校キャンパスから消えていったかが分かります。

平成24年に大学は蔓延する松枯れ問題に対処するべく、200本ほどのアカマツの古木に対して、4年間有効の薬剤樹幹注入を行いました。更に、平成28年度には4年が経過した対象木99本を中心に260万円かけて7年間有効の薬剤注入を行いました。引き続き平成29年度に260万円かけて101本に注入を実施しました。

この結果を踏まえて、植樹会は大学と協議し平成29年度から平成33年度までの「樹幹注入五ヵ年計画」を策定しました。対象アカマツは国立360本・小平23本の383本で、概算費用は760万円になります。

既に、計画初年度の平成29年度では101本(260万円)が実施済みですので、今後の必要資金は500万円となります。

植樹会としましても、皆様からの年会費とご寄附から平成28年度133万円、平成29年度50万円の大学に対する支援を実施しております。

しかしながら、大学はご案内のとおり、国立大学法人化以降文科省からの交付金が年々定率で減額されており、財政的にも厳しい状況にあります。植樹会も昨年は入会される方より退会される方の方が多くなり、年会費収入も頭打ちで支援金の継続も困難な状況にあります。

このたび、今後4年間で必要となる資金500万円を目途として「アカマツ基金」を一橋大学・如水会・一橋植樹会の三者共同プロジェクトとして立ち上げることを、5月19日に行われた第45回一橋植樹会総会において宣言致しました。期間は2年間としております。

なお、既に本趣旨にご賛同頂いた如水会からは、先陣を切って今年2月に200万円のご寄付を頂きました。この大半は3月実施済みの樹幹注入に充当しました。この場をお借りして御礼申しあげます。

一橋の歌にも「武蔵野深き松風に・・・」とうたわれております。是非とも母校を愛する一橋大学卒業生・教職員・学生・関係者のご賛同を頂きたく御願い申しあげます。

ご寄附は以下方法にて御願い致します。

  • ご寄附は「公益財団法人 一橋大学後援会」の「植樹会基金」にお振込ください。
  • 一橋大学後援会経由とすることにより、確定申告により寄付金の約40%の税額控除が受けられます。
  • 一橋大学後援会につきましては次のURLをご参照ください。

http://hit-u-koenkai.or.jp/donation/index.html#formalities

送付先 電子メールの場合 kifu-moshikomi@hit-u-koenkai.or.jp
郵送の場合 〒186-8601 東京都国立市中2-1
国立大学法人一橋大学内
公益財団法人一橋大学後援会
FAXの場合 042-580-8071

以上、皆様のご理解とご支援を御願い申しあげます。

平成30年5月
一橋植樹会 会長 津田正道

お知らせ

悪天候で作業ができない場合でも、催し物を企画し、交流会も実施します。時間通りお集まりください。

植樹会史

クリックするとPDFが開きます

クリックするとPDFが開きます

bnr_hitotsubashidaigaku
bnr_josuikai
bnr_ikkyousai
ATT00001

緑の回廊

クリックするとPDFが開きます

皆様の声

ご意見、ご要望、投稿などはこちら
※メールの宛て先は一橋植樹会事務局となっています

PAGETOP
Copyright © 一橋植樹会 All Rights Reserved.