西キャンパスの正門を通り、時計台や兼松講堂を見渡すとき、必ず目に入る松があります。主要庭園ゾーンに生える3本のアカマツです。高さは20メートルほどあり、枝振りにバランスがとれ、見事な樹形です。剪定が施され、すっきりとした形になりました。遠景として時計台や兼松講堂を眺めると必ず手前に配される樹木です。キャンパスの印象にさりげなく添えられる重要なアカマツです。

時計台の前景となるアカマツ

時計台の前景となるアカマツ

兼松講堂の前景となるアカマツ

兼松講堂の前景となるアカマツ

1月中旬にクレーンも入り、手入れがありました。作業に当たったのはベテランの庭師で、慎重に作業が行われました。植木職人として活躍されてきた植樹会の三浦義樹さん(昭41年)によると、アカマツは女松と呼ばれ、剪定に弱く葉をどう残しながら手入れをするか、その「加減」が難しい樹種だそうです。

広いキャンパスに生えているアカマツは枝振りが伸びやかで、独特の樹形になります。うねりながらも上へ上へと伸び、高さ25mにもなります。時計台の正面近くにもアカマツが丈を伸ばし、高い幹は図書館の時計台と相性がよく、緑の葉と赤い幹が直線的な建築に調和しています。

兼松講堂の前景となるアカマツ

兼松講堂の前景となるアカマツ

時計台の前景となるアカマツ

時計台の前景となるアカマツ

キャンパスでは落葉樹が葉を落とすと、常緑樹のアカマツは俄然目立ってきます。「こんなにもアカマツがあったのか」と思うのです。冬枯れの景観の中で、重厚な建築物に緑を配し、寄り添う姿に親近感を感じます。

赤い幹がレンガ色の建築物に合う

赤い幹がレンガ色の建築物に合う

課外活動施設棟とアカマツ

課外活動施設棟とアカマツ

陸上競技場と野球場の境目にもアカマツが植栽されています。自然な戻りの境界で、いかにも本学らしい景観をつくっています。

陸上競技場と野球場の境目にもアカマツ

陸上競技場と野球場の境目にもアカマツ

東キャンパスでもアカマツの存在は大きいです。キャンパスの正門からアカマツの高木が目立っています。

東キャンパス正門のアカマツ 

東キャンパス正門のアカマツ

東キャンパス丸池の中庭のアカマツ

東キャンパス丸池の中庭のアカマツ

東本館をはじめ各建築棟には見事なアカマツが配されています。丸池の中庭には形の良い庭園木のアカマツがあり、洋風の建築物と違和感がなく調和しています。庭園ゾーンにあって、アカマツはヒマラヤスギのように堂々とはしていませんが、すっきりとしたアクセントをつけています。アカマツがなければ、冬のキャンパスの風景は寒々としたものになるでしょう。アカマツのありがたみがことのほか感じ取れる冬のキャンパスです。

佐藤征男(記)
写真:施設課 坪谷英樹