社会学部3年 横井そよか

6月21日の定例作業では、5月からだんだん暑くなってきたこともあり、そうめんを作る学生企画を行いました。当日の天気は曇りで、植樹会の方々や学生にとっては作業日和でした。汗をかいて熱くなった体に、ひんやりと冷たいそうめんが沁みたのではないでしょうか。また、御花畑で収穫されたジャガイモを使い、芋の煮っ転がしも作りました。試食会から日が近く、味付けを研究している時間があまり取れませんでしたが、皆さんの声を聞くと、「味がよく染みていた。おいしかった」とのことで、ほぼぶっつけ本番ながらもおいしく作ることができました。他には、梅だと思って収穫した実があんずで、突如ジャムを作ることになりました。砂糖の量や煮詰め具合等、試作をしなかったために手探りでの料理となりましたが、あんずの酸っぱさが付け合わせのクラッカーの塩分と相まって、非常においしく作ることができました。試作会から学生企画当日まで参加してくれた学生理事の皆さん、「おいしかった」と言って食べてくださった植樹会の皆さま、本当にありがとうございました。