私達は国立キャンパス100年の森プロジェクトを推進します。
定例作業

2010年04月16日(金) 13:00~

場所・作業

(1)西キャンパス主庭園の雑草除去と清掃整備
(2)西キャンパス磯野研究館周辺の雑草除去と清掃整備

参加者

<顧問>
福嶋 司先生
<教職員5名>
(教員0名)
(職員5名)
柴田 大施設課長/伊藤正秀課長代理/坪谷英樹施設課主査/水口茂則/山本聖一郎文科省大臣官房文教施設企画部専門官
<OB20名>
石井暉雄(昭35経)/岸田加代夫人/国持重明(昭35経)/国持良子夫人/白石武夫(昭35法)/若林照二(昭38商)/出野 潔 (昭38経)/籏野友夫(昭38経)/鈴木 勲(昭38法)/土田一宏(昭38法)/志田哲朗(昭39経)/鈴木徹郎(昭39社)/八藤南洋(昭40経)/佐藤征男(昭42経)/佐藤芙美子夫人/西村周一(昭42経)/高原正靖(昭42社)/湯川敏雄(昭42社)/鐘江健一郎(昭44法)/川﨑勝晤(昭46経)
<団体参加9名>
(41年植樹会サークル)
栗田克彦(商)/夏目恭宏(商)/村川守中(商)/三浦義樹(経)/水野健吉(経)/中山信正(法)/樋口文夫(法)/阿部 豊(社)/森田直樹(社)
<学生43名>
KODA祭関係38名(青山佳広(商2)/石川風人(商2)/菅野大貴(商2)/荒木悠一(経2)/立花拓紀(経2)/田村卓寛(経2)/天野泰輔(法2)/鴻巣圭一(社2)/福田麻恵(社2)/森実紗樹(社2)/臼杵里恵(商1)/鈴木陽太(商1)/増本啓太(商1)/森 健太(商1)/石井大河(経1)/加賀美季絵(経1)/北村悠貴(経1)/斎藤万純(経1)/廣田恵里(経1)/前田 純(経1)/古沢健介(経1)/阿部沙織(法1)/小田暁音(法1)/柏木英生(法1)/木村美貴(法1)/曽山智裕(法1)/船橋洸太(法1)/水越泰平(法1)/石原史章(社1)/尾又亮太(社1)/近藤梨紗子(社1)/嵯峨志帆(社1)/佐藤まりえ(社1)/長瀬晴信(社1)/馬場潤子(社1)/長谷川拓(社1)/樋口智美(社1)/藤田良彰(社1))
その他2名(岡本道雄(経4)/吉川和樹(経3))
植樹会3名(山本華代(社4)/二宮 隆(商3)/玉田祐樹(経3))

(参加者総数78名)

作業地図

平成22年4月16日(金)一橋植樹会第78回月例作業レポート

作業班 樋口文夫(昭41法) 記

大学通りの桜が散った4月中旬になっても、春とは思えぬ程の肌寒い16日、朝方は小雨で作業が開始出来るかどうか心配しましたが、昼頃になって雨も上がりました。平成22年度第一回の作業(通算78回目)には支障なく、予定どおり行われました。今回は教職員6名、OB29名、学生43名(内新入生28名)の参加を得ました。開始の2時前、作業班の湯川氏(42年社…次期作業班の班長)の進行により、最初に新任の柴田施設課長の紹介があり、

新任の柴田施設課長ご挨拶

新任の柴田施設課長ご挨拶

続いて作業の説明に入りました。各作業場所のリーダーの指示に従い、作業終了時間を徹底してほしいとの発言がありました。 準備体操の後、作業が行われました。今回は天候、参加人員を勘案の上、当初予定されていた東キャンパス丸池周辺の整備は取り止めとし、西キャンパス中庭及び学食から磯野研究館周辺にかけての雑草除去と清掃作業のみと致しました。

作業中―磯野研究館周辺

作業中―磯野研究館周辺

作業中―西キャンパス中庭周辺

作業中―西キャンパス中庭周辺

 

作業終了後は学生の手伝いもあって、道具類の後片付けも大変スムーズに行われました。今後ともメリハリを付けた作業を行っていきたいと思います。今回は作業中は若干の小雨となったものの、靴底に大量の土が付くことはありませんでしたが、今後は、土が付いた場合は職員集会所に入る前、綺麗に落とせる様、作業班としても対応策を講じていく所存です。 さて、作業の間、別班数名が福嶋先生の指導のもと、恒例の山菜天ぷら大会のための野草採りが西キャンパス内で行われていました。

野草採りに励む

野草採りに励む

サクラの花びらも素材です

サクラの花びらも素材です

 

採取した野草を材料として、天ぷら料理作りに会員の奥様方(4人)と佐藤氏(42年経)が取りかかりました。

天ぷら揚げ終えて安堵の奥様方

天ぷら揚げ終えて安堵の奥様方

出来上がったテンプラを前にして、4時すぎから反省会に移りました。冒頭、籏野会長から、「新年度も従来どおり国立キャンパス緑地基本計画に基づき着実に計画を進めていく」との挨拶がありました。作業班の鈴木氏(39年社)の発声による乾杯を行った後、一旦場所を移し、福嶋先生から採取した野草(イロハモミジ、ウシハコベ、オオシマザクラ オニタビラコ、カラスノエンドウ、カンザン、キュウリグサ、クコ、サルトリイバラ、スイバ、セイヨウタンポポ、タチツボスミレ、ニワトコ、ノビル、ハナダイコン、ハルジオン、フキ、フゲンゾウ、マユミ、ミツバアケビ、ムラサキツメクサ、ヤブカンゾウ、ヤブニンジン、ヤマブキ、ヨモギなど25種)についてご説明がありました。

反省会場に再びもどり、今年度の新入生を数多く交えて、賑やかな懇談が続きました。途中、三代前の施設課長の山本氏からご挨拶がありました。同氏からは熊本の米焼酎「松之泉」を差し入れていただきました。次に、経済学部4年の岡本さんから「えん」(古本のリユースのサークルで活動場所を図書館の入口脇に移しました)の現状・活動報告があり、続いて作業班の川崎氏(46年経)から、今回の作業においては、学生数名が連絡なしに途中退場したことについて若干の指摘がありました。 学生は講義に出る為の途中退場で正当な理由があったと後で判明したもので、これに関して企業社会で使われる「ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)」の例えを引用して状況に応じて遠慮なく相談するようにとアドバイスがありました。 食欲旺盛の新入生達は、珍しかったこともあり、「ウマイ、ウマイ」を連発していました。

食べて喋って

食べて喋って

食べて喋って

食べて喋って

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

お知らせ

悪天候で作業ができない場合でも、催し物を企画し、交流会も実施します。時間通りお集まりください。

植樹会史

クリックするとPDFが開きます

クリックするとPDFが開きます

bnr_hitotsubashidaigaku
bnr_josuikai
bnr_ikkyousai
ATT00001

緑の回廊

クリックするとPDFが開きます

一橋植樹会 小冊子7号
クリックするとPDFが開きます
アーカイブから

皆様の声

ご意見、ご要望、投稿などはこちら
※メールの宛て先は一橋植樹会事務局となっています

PAGETOP
Copyright © 一橋植樹会 All Rights Reserved.