私達は国立キャンパス100年の森プロジェクトを推進します。
定例作業

2012年02月17日(金) 13:30~

場所・作業

(1)第一ススキのゾーン枯れ草処理など
(2)中央庭園一帯落ち葉の清掃など
(3)東キャンパス国際研究館つたの整理

参加者

<顧問>
所用にて不参加
<教職員4名>
(職員4名)
施設課長柴田 大/主査坪谷英樹/伊藤正秀/課長代理林 亨
<OB31名>
米川容子(昭31家)/兵藤 浩(昭34経)/石井暉雄(昭35経)/岸田加代(昭35家)/國持重明(昭35経)/國持良子(昭35家)/田中政彦(昭35経)/白石武夫(昭35法)/太田素之(昭37経)/若林照二(昭38商)/北川修司(昭38商)/出野 潔(昭38経)/中居紘一(昭38経)/籏野友夫(昭38経)/竹中 彰(昭39商)/志田哲朗(昭39経)/鈴木徹郎(昭39社)/八藤南洋(昭40経)/関戸康男(昭40社)/丸茂 赳(昭40社)/津田正道(昭42商)/佐藤征男(昭42経)/下村 肇(昭42経)/湯川敏雄(昭42社)/亀井康夫(昭44商)/五島康晴(昭44経)/鐘江健一郎(昭44法)/保坂証司(昭44社)/川﨑勝晤(昭46経)/若月一郎(昭47商)/大川宏明(昭47経)
<団体参加11名>
(41年植樹会サークル)
栗田克彦(商)/夏目恭宏(商)/村川守中(商)/江口清象(経)/金田良夫(経)/関野 衛(経)/三浦義樹(経)/山口篤一(経)/樋口文夫(法)/阿部 豊(社)/飯野良吉(社)
<学生47名>
KODAIRA祭関係24名 (佐田勇悟(経3)/鈴木 奨(経2)/古沢健介(経2)/宮島壮史(経2)/井上貴裕(商1)/岩村大樹(商1)/台場理奈(商1)/日置祥爲(商1)/牧野広大(商1)/森田心悟(商1)/飯野さき(経1)/木村圭吾(経1)/佐藤翔一(経1)/高橋謙斗(経1)/高谷浩平(経1)/長嶺圭佑(経1)/中山宗一郎(経1)/大蔵夢子(法1)/岡田理紗(法1)/加瀬拓也(法1)/三輪健太朗(法1)/村尾美保(法1)/磯部周佑(社1)/松本小夜子(社1))
一橋祭関係18名 (斉藤万純(経2)/堀田智帆(経2)/杠 瑞生(経2)/緇荘春樹(法2)/鴻巣圭一(社2)/善谷実央(社2)/古木智英(社2)/新井修平(商1)/
宇野 舞(商1)/永岡望都美(商1)/永本尚樹(商1)/石川元貴(経1)/清水彩巴(法1)/川瀬紗依(社1)/鈴木峻也(社1)/瀬戸健太郎(社1)/高野瑞生(社1)/武藤里美(社1))
応援部1名 安永勇太郎(経4)
植樹会4名 (中西晶子(法4)/古川智子(法4)/二宮 陸(商3)/田島壮一郎(社3))

(参加者総数93名)

作業地図

平成24年2月17日(金)一橋植樹会第103回作業レポート

作業班 樋口文夫(昭41法)

薄曇りで多少肌寒かったものの、風は殆どなく2月としては快適な作業日でした。

1月は降雪の為、作業は中止となりましたので、今回は当初の予定を変更して、通常どおり作業を行うことと致しました。教職員4名、OB42名、学生47名、計93名の参加を得て、定刻2時前から、先ず、2月1日付で施設課に赴任されました林 亨課長代理のご挨拶の後、八藤さん(昭40経)から、懸案であった寄付講義「緑の科学」が今年度から実現することになったこと、及び同氏と鈴木さん(昭39社)の両氏からは、昨年の震災によって被害を蒙った如水会員の経営する福島県土湯温泉の旅館に対して協力する意味での応援旅行の企画説明があり、続いて中西晶子さん(法4年)からは、来たる3月11日に陸前高田市で行われる桜の植樹ボランティアについての協力要請がありました。

作業班湯川班長(昭42社)からの本日の作業内容についての詳細説明の後、準備体操を終え、それぞれの作業場所に向かいました。

作業内容と場所は

(1)1月に出来なかった第1ススキのゾーンにて、ススキ、女郎花などの保護の為、枯れ葉、雑草を取り除く作業に約10名、入学試験に備えて(2)西本館ヒマラヤスギ付近での落ち葉の清掃と(3)図書館、中央庭園池周辺での落ち葉の清掃に、それぞれ約15名、(4)東キャンパス国際研究館周りの蔦の除去に41年メンバーを中心に約15名、(5)西生協前の花壇に学生を主として約15名がチューリップの球根約30個の植え付けをしました。

ススキのゾーン

作業前

作業前

作業中

作業中

作業後

作業後

国際交流館

作業前

作業前

作業中

作業中

作業後

作業後

チューリップの球根

チューリップの球根

学生の花壇での作業

学生の花壇での作業

球根の植わった花壇

球根の植わった花壇

約1時間半の作業を終え、4時前には職員集会所に戻り、60名を超す参加者によっていつもどおりの交流会が行われました。中居さん(昭38経)の進行により、冒頭、今回初参加の亀井康夫さん(昭44経)の挨拶があり、「未だ植樹会の会員ではないが、本日参加して植樹会の活動が良く分かった、会員になることにした」との話があり、籏野会長(昭38経)からは「1月は雪だったが、今日は良い天気に恵まれやりがいがあったと思う」旨の挨拶の後、今年の新理事予定の数名の学生から自己紹介がありました。田中顧問(昭35経)からは「今日は、予定外の作業として、東キャンパス中央池の中にある寒紅梅の剪定を三浦さん(昭41経)と二人で行った。今後とも安全を心掛け、怪我、事故のないようにして貰いたい」旨の話があり、引き続いて、施設課の伊藤さんは「植樹会の活動に関わってから10年程になるが、木々は光が入らないと弱る。植樹会の皆さんのお陰で手入れも行き届き、随分元気になった。ひょうたん池周辺もゴミがなくなり、今年はカモが20数羽やって来た。大学側の中では自分が一番植樹会に関与して来たと思うが、ここまでの成果を大変喜んでいる」と述懐されておりました。

田中顧問のお話

田中顧問のお話

施設課伊藤さんの挨拶

施設課伊藤さんの挨拶

 

暫く賑やかな懇談の後、中西さんから、桜植樹ボランティアに対する募金の要請がありました。結果として12万円を超える額となったそうです。終わりに、元応援団長の安永勇太郎さん(経4年)の威勢の良いエールに始まって、一橋会々歌「長煙遠く」を全員で斉唱し、今回のボランティア作業も無事に終了することが出来ました。

なお、HPにも掲載されますが、今後は悪天候により作業が出来ない場合でも、何らかの催しを企画し、交流会も行うこととなりましたことを付記致します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

お知らせ

悪天候で作業ができない場合でも、催し物を企画し、交流会も実施します。時間通りお集まりください。

植樹会史

クリックするとPDFが開きます

クリックするとPDFが開きます

bnr_hitotsubashidaigaku
bnr_josuikai
bnr_ikkyousai
ATT00001

緑の回廊

クリックするとPDFが開きます

一橋植樹会 小冊子7号
クリックするとPDFが開きます
アーカイブから

皆様の声

ご意見、ご要望、投稿などはこちら
※メールの宛て先は一橋植樹会事務局となっています

PAGETOP
Copyright © 一橋植樹会 All Rights Reserved.