私達は国立キャンパス100年の森プロジェクトを推進します。
定例作業

2016年12月16日(金) 13:00~

場所・作業

(1) 西キャンパス・イノベーション研究センター北側(植込み整備、雑草除去、清掃)
(2) 西キャンパス・岸田ロード西側斜面(植込み整備、雑草除去、清掃)
(3) 西キャンパス・第2講義棟南(葛の根除去、清掃)
(4) 東キャンパス正門右側(植込み整備、雑草除去、清掃)

参加者

顧問〈1名〉 福嶋司(顧問)
(教員1名) 筒井泉雄(教授)
<一般45名> 河野正次(昭31商) 石井暉雄(昭35経) 岸田加代(昭35家) 国持重明(昭35経)
杉山 守(昭35経) 北川修司(昭38商) 若林照二(昭38商) 中居紘一(昭38経)
籏野友夫(昭38経) 志田哲朗(昭39経) 鈴木徹郎(昭39社) 長谷川輝夫(昭39社)
坂田時恩(昭40商) 八藤南洋(昭40経) 関戸康男(昭40社) 津田正道(昭42商)
柏田洋征(昭42商) 徳永興亜(昭42商) 西村周一(昭42経) 羽山章一(昭42経)
福島清彦(昭42経) 高原正靖(昭42社) 湯川敏雄(昭42社) 平田修(昭43経)
大池明(昭44商) 五島康晴(昭44経) 保坂証司(昭44社) 柳原和道(昭44社)
樋浦憲治(昭45経) 谷中健治(昭45社) 川崎勝晤(昭46経) 金子 彰(昭46法)
小槙達男(昭46法) 若月一郎(昭47商) 大川宏明(昭47経) 河村 進(昭49経)
柴田哲夫(昭49経) 田沼健一(昭49商) 高橋忠明(昭49商) 山口久基(昭49法)
秦 哲也(昭50社) 飯塚義則(昭50経) 木田隆平(昭50社) 藤原潤也(昭51法)
善宝俊文(昭53法)
<団体参加13名>
(41年植樹会サークル13名)
栗田克彦(商) 夏目恭宏(商) 早川 淳(商) 村川守中(商)
江口清象(経) 金田良夫(経) 関野 衛(経) 三浦義樹(経)
水野健吉(経) 山口篤一(経) 樋口文夫(法) 飯野良吉(社)
関統造(社)
<学生86名> (参加者総数146名)

作業地図

全体地図はこちら

2016年12月16日(金) 13:00~

善宝俊文(昭53法)

 今年最後の定例作業は、快晴・微風の絶好の日和の中で行われた。
前回たまたま行った学生のリードによる準備体操が、評判が良かったということで、今回から正式に学生にお願いすることとなった。
作業場所・内容は前掲のとおりであるが、今回も大勢のOB・学生の参加を得て、予定以上の成果を上げられたようだ。
この時季、キャンパスは、いたるところに落ち葉のジュータンが敷き詰められ、歩を進めるごとにカサコソと耳障りの良い音が付いてきた。
また、植物が眠りに入るこの時季の作業はかなりやり易く、はかどるものだ。
私の担当作業は前掲(1)であったが、それに加えイノベーション研究センター西・南側、ホッケー部部室周辺、経済研究所および資料棟西側周辺まで及んだ。
ここでもOB(41年卒)はもとより、学生諸君が実によく動いてくれた。
作業途中に他の3ヶ所(残念ながら夏ミカン狩りは終了していた。)に足を運んでみたが、いずこでも特にOBが楽しそうに作業を行っているのが印象に残った。
ところで、先に書いた「落ち葉」について、そのままゴミになるか歩道の厄介者になるのは勿体ない気がする。堆肥作りに挑戦してみるのも一策かと考えてみたが、さて作った堆肥をどこで使うかとなると、花壇くらいしか思いつかなかった。
また、植木の剪定について、これからもますます増えてくるだろうから、以前刈払機の講習を行ったように、基本を学ぶ機会を作る必要があるかなと感じた次第である。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

お知らせ

悪天候で作業ができない場合でも、催し物を企画し、交流会も実施します。時間通りお集まりください。

植樹会史

クリックするとPDFが開きます

クリックするとPDFが開きます

bnr_hitotsubashidaigaku
bnr_josuikai
bnr_ikkyousai
ATT00001

緑の回廊

クリックするとPDFが開きます

一橋植樹会 小冊子7号
クリックするとPDFが開きます
アーカイブから

皆様の声

ご意見、ご要望、投稿などはこちら
※メールの宛て先は一橋植樹会事務局となっています

PAGETOP
Copyright © 一橋植樹会 All Rights Reserved.