トピックス

学生用の新たな寮が完成しました
一橋大学国際学生館景明館

※写真はクリックすると拡大します

一橋寮、中和寮に続く第3の学生寮である「一橋大学国際学生館景明館」が去る11月6日に完成しました。場所は中和寮の西側で、植樹会OBとラグビー部、男女ラクロス部が7月に共同で除草などの整備を行っているラグビー場の北側に建設されました。今までこの場所はラグビー場の整備の時、一部を除草していたところで、建物は鉄筋コンクリート3階建て延べ床面積1,900㎡の規模で、居室は57室です。居室のうち2室は車いす対応のバリヤフリーとなっています。

外観東・南側前景

外観東・南側前景

外観南側・エントランス

外観南側・エントランス

外観北側

外観北側

 

What's New

●12月20日(金)第127回定例作業

「前日から降り続く雨よ、止んで欲しい」との願いも虚しく、12月の作業日も、冷たい雨になってしまい、結局現場での作業は中止になりました。これで何と定例作業日の雨天は3回続いたことになります。今回は、福嶋先生が所用で欠席されましたので、いつものように「現場作業に替えての座学」に切り替えることもできず、役員幹部で協議の結果、教室での八藤会長や参加者有志のお話と質疑という形になりました。それでも、会長のお話に加え、多くの出席者からの発言・質問が相次ぎ、教室は熱気に包まれました。その後、3時過ぎから学生企画による交流会が東プラザ2階で開催されました。今回もあいにく職員集会所の厨房が使用できないために、恒例の鍋料理とすることができず、学生企画も今回はついに断念かと思われましたが、学生理事の間で知恵を絞った結果、国立野菜を使った紅心大根の酢漬け、八頭の煮物と甘酒を今回の料理の目玉として、立派に「企画貫徹」となりました。学生諸君の熱意に感謝です。
なお、当日は雨にもかかわらず、教職員2名、OB48名、学生36名の合計86名もの参加がありました。

八藤会長の説明

八藤会長の説明

説明を聴く参加者

説明を聴く参加者

学生手作りの"3点セット"

学生手作りの”3点セット”

詳しくはこちら

●学生班主催の交流会を経験して

学生の増田実佳さんの寄稿文

詳しくはこちら

 

●平成25年度周年会活動での会員勧誘

一橋植樹会理事 川﨑勝晤(昭46経)

植樹会では、会の継続性保持の為に、常時会員勧誘活動を実施しています。毎年、個人的理由により又老齢化のために退会される会員の方々がおり、この退会者を補い一方では若手の会員を増やすことが重要な課題となっています。今年3月末の会員数は、1372名でした。本年度平成25年度で新規会員を100名増やしたいと考えています。
如水会館で、毎年、卒業生の周年会が実施されています。一度に多くの卒業生が集まる事 から、会員勧誘の大きな機会であります。
平成25年度は、9回(9学年)の周年会が計画されています。10月に2回、11月に4回の周年会が行われ、年内の周年会は終了しました。6回の周年会で74名の新会員を迎えることができました。1回(1学年)で10名強の方に、会員になって頂きました。目標まで、あと、26名です。 周年会で、順調に会員数がふえるのは、主に、下記の要因が考えられます。
(1)周年会幹事の方のご協力、
(2)植樹会のOBと学生の協力
(3)パネルの展示方法の刷新(添付写真)
現場で、特に大きな効果があったのは、(3)パネル展示方法刷 でした。7枚のパネルがあり、それぞれ魅力的な写真だったのですが、今までは、白板の面積不足で、全部を一度に 貼れませんでした。学生茅野君が、白板の裏側(白板拭き、ペン置き場が無い)を使用する事に気が付きました。全パネルを一挙に展示する事により、吸引力が大幅アップしました。この方法を採用した会の入会会員数は、21名と15名と2回で36名でした。
来年は、2月に3回の周年会が予定されています。これまでペースで、いくと、目標に届くと思います。目標数まで、もうひと踏ん張りです。幹事会のOB会員の方のご協力はもちろんですが、周年会幹事の皆様のご協力をお願いしたいと考えております。
植樹会の会員数は、約1370名です。昭和16年卒業生から、平成25年卒業生まで、 72学年に亘りますので、平均1学年19名、20名弱です。
会員構成上の問題は、昭和の後期、平成卒業生に、会員数が少ないことです。

勧誘活動を行うOBと学生理事

勧誘活動を行うOBと学生理事

 

 

●1年の作業を振り返って

作業班の湯川敏雄さん(昭42社)に、この1年の植樹会作業を振り返り、そのポイントを纏めていただきました。

寄稿文はこちら

●卒業記念植樹の日程は3月19日(水)の予定です。

毎年恒例の卒業生有志による記念植樹は、3月19日の午後1時前後と決定しました。(詳細は  後日お知らせします。)

●イギリスからの便り その3 

2010年以来本HPに寄稿して下さっているロンドン在住の大宅(おおやけ)俊江さん(平成13商)から、3回目の便りとして、「イギリスのクリスマス」と題する寄稿文が寄せられました。大宅さんは、以前如水会事務局で植樹会を担当された方です。
イギリスの伝統的なクリスマスの歴史や、昨今一般家庭ではどのように祝われているのかなどが紹介され、また多くの写真も添えられていて、大変興味深い内容です。

寄稿文はこちら

●1月から3月までの定例作業の集合場所は次の通りです

1月24日(金)13:30東1号館 大学教育研究開発センター会議室集合 3時限受講の学生は14:35集合
2月21日(金)同上
3月14日(金)13:30職員集会所集合

 

●学生コーナー

ソーシャルビジネスが注目される昨今、それを踏まえた”大学と地域社会の関係”についての最近の動向、更にはその中での植樹会の在り方についての提言など、4年の学生理事、齊藤万純さんが寄稿して下さいました。題名は「大学と国立市の架け橋に」です。

寄稿文はこちら

 

●植樹会への御寄付

11月に次の方からご寄附を頂きました。ありがとうございました。植樹会活動に活用していきます。

高橋 俊行 様 (昭49商)
城   良導 様 (昭49商)
滝島 守夫 様 (昭38社)

●11月新規登録会員

11月にOB57名にご入会いただきました。 今後とも宜しくお願い致します。

会員の詳細はこちら

尚、入会に関しましては、会員登録はこちらをクリックしていただき、必要事項記入の上、支払方法「如水会DCカード口座よりの自動引落し」を選択し、「登録」ボタンを押していただければ、すぐに会員として登録されます。