トピックス

-トピックス-
来年度の作業予定日が確定しました

※写真はクリックすると拡大します

来年度の作業予定日が決まりました。一橋植樹会の最も重要な活動として毎月「定例作業」を行っています。OB、学生、教職員が一体となって大学のキャンパスを整備し、現在の素晴らしいキャンパス環境を保全するとともに、武蔵野野の雑木林の復元を目標とする植樹などを行っています。
これまで、月一回実施していますが、8月は暑さで作業がきつくなるため、休止しています。定例作業は6月と10月に行われる休日作業を除いて、原則的に第三金曜日に実施してきましたが、来年度も第三金曜日に設定しました。
集合場所は職員集会所で集合時間は13時30分です。休日作業の集合時間は12時30分になりますのでご注意ください。
作業後は交流会が開かれます。OB、学生、教職員が汗を流した後の懇親会です。毎回、様々な企画があり、大いに盛り上がります。

母校での作業

母校での作業

作業後の交流会

作業後の交流会

作業は移りゆくキャンパスの自然の中で行われます。今後の作業日を季節ごとにお伝えしましょう。

・平成28年春から初夏
4月15日(金) 13:30 職員集会所集合
5月20日(金) 13:30 職員集会所集合
6月25日(土) 12:30 職員集会所集合(休日作業)
桜の花に彩られる4月、新緑が美しい5月、サツキの花の後アジサイが咲きほころぶ6月。キャンパスの自然の美しさに改めて感じ入る季節です。ここ数年、学生が多く参加するようになり、一大戦力になりました。OBと一緒に快適な汗を流す作業です。
4月の作業日の交流会はキャンパス産の山菜を材料にしたテンプラパーティが開かれます。
6月25日は休日作業です。定例作業に多くのOBが参加しやすいように作業日を休日に設定したものです。

桜に埋まるキャンパス

桜に埋まるキャンパス

桜に埋まるキャンパス

桜に埋まるキャンパス

・平成28年夏から初秋
7月15日(金) 13:30 職員集会所集合
9月16日(金) 13:30 職員集会所集合
植物の生命活動が最も盛んな7月、夏草が生い茂る9月。夏日の作業となります。作業を始める前に、毎回準備体操を行っています。また、休憩を十分にとりながら、無理をしないように作業をします。交流会でのビールが何ともおいしい季節です。

夏の光に輝くキャンパス

夏の光に輝くキャンパス

作業前に全員で準備体操

作業前に全員で準備体操

・平成28年秋から晩秋
10月29日(土) 12:30 職員集会所集合(休日作業)
11月18日(金) 13:30 職員集会所集合
12月16日(金) 13:30 職員集会所集合
秋の七草が咲く10月は休日作業です。昨年10月の休日作業には165名の方々が参加しました。初めて参加されたOBの方も多く、大人数での作業となりました。
イチョウが秋空に映える11月、名残の紅葉がまだ楽しめる12月。枯れ草に覆われ、落ち葉に埋まっていくキャンパスでの作業です。作業前の風景と作業後の風景を較べて、達成感を感じます。毎年、11月の交流会ではキャンパス産の自然薯パーティが開かれます。

秋空に映えるイチョウ

秋空に映えるイチョウ

自然薯掘りに出動

自然薯掘りに出動

・平成29年冬から早春
1月20日(金) 13:30 職員集会所集合
2月17日(金) 13:30 職員集会所集合
3月17日(金) 13:30 職員集会所集合
寒椿が、梅が咲く1月、2月、時に雪景色になる冬のキャンパス。3月にはコブシの花が咲き始めます。厚着をして大きな雑草の根を掘り出そうとすると、たちまち汗が出てきます。
新年初回の1月の作業後は、交流会で恒例の寒ブリパーティの開催です。寒ブリは福嶋顧問に提供していただいています。

寒椿に彩られる兼松講堂

寒椿に彩られる兼松講堂

OBと学生が一緒に汗を流します

OBと学生が一緒に汗を流します

来年度、是非多くの皆さんが母校の緑に接し、心地よい汗をともに流せますよう。

さあ、作業にいきましょう!

さあ、作業にいきましょう!

なお、稀に作業日は変更されることがあります。HPでご確認ください。

What's New

●2月19日(金)第154回定例作業

2月の月例作業は、この季節にしては異例と言えるほどの暖かさ、陽射しに恵まれた2月19日に第154回定例作業として行われました。
参加者は、福嶋顧問・OB49名、学生が71名の総計120名でした。

当日の作業については4班に分かれ以下の3か所で行われました。
(1)西キャンパス如意団道場周辺(除草、雑草除去、樹木剪定及び清掃)
(2)東キャンパスプラザ周辺・1号館南(植込み整備、倒木・雑草除去)
(3)東キャンパス国際研究所西側(不要木・雑草除去、植込み)
(4)西キャンパスホッケー場東側(雑草除去)

・補完作業:東キャンパス東門辺り(記念樹の手入れ・施肥)

なお、(1)の如意団道場周辺での作業については、本HPの別項にてもご紹介します。

まずはこの日の準備運動

まずはこの日の準備運動

桜の木切り口に腐食防止ペーストを塗ります

桜の木切り口に腐食防止ペーストを塗ります

何をしているの?樹木の敵、蔓類の除去です

何をしているの?樹木の敵、蔓類の除去です

東キャンパスでは2か所で作業が行われましたが、卒業記念植樹で植えられた樹木の生育が悪く、混合肥料の施肥を行ないました。
また、普段全く人の手が入らない場所(東プラザ道路寄りなど)にも今回は潜り込んでの大変な作業となりました。
エリアには、学生からは一橋祭運営委員とラクロス部が参加してくれました。
また、西キャンパスのホッケー場東側も、先日の大雪の被害のために伐採・集積した枝などが邪魔をして困難な作業でした。
こちらには、陸上部の学生が参加してくれました。

道具をいろいろに使います

道具をいろいろに使います

こういった枯草、雑草も除去

こういった枯草、雑草も除去

刈払機への給油です。

刈払機への給油です。

ササの中まで深く入り込んで・・

ササの中まで深く入り込んで・・

作業終了後の交流会では、前会長の籏野友夫さん(昭38経)が、昨年12月の定例作業で収穫したキャンパスの夏みかんをご自宅でママレードとオレンジピールに変身させ、提供して下さいました。
これも毎年恒例の待ち遠しいイベントになりました。

見事な「ナツミカンピール」

見事な「ナツミカンピール」

 

■作業の詳細、作業感想文(寄稿者は理事の高場恭幸さん(昭43経)です。)は
こちら

高場さんのレポートには、当日の作業の様子が生き生きと描写されています。
是非お読み下さい。


●如意団道場裏手の整備作業実施

如意団道場維持のために外装補修工事を3月中旬から半月程度の日程で計画している如意団OBの「禅友会」より、工事事前の周辺の整備につき協力要請を受けました。
従来、如意団~山岳部室~空手道場前の一帯は、夏季の雑草の伸びる時期を中心に整備してきたものの、裏手の整備にまでは手が回らなかったのが実情でしたから、道場前面はともかく、裏側は雑草除去、樹木の整枝等整備する必要が見て取れ、急遽今月の作業計画に組み込みました。
体育会系クラブの幾つかをサポートしての、グラウンド或いは部室周辺の整備作業は今迄に随分実施してきており恒例行事化した例もありますが、禅友会・如意団とのコラボは今回が初めてでした。諸般の事情で、禅友会OB、如意団学生の参加者数が少なかったのは残念でしたが、これが一つのきっかけになり今後の作業への参加が増えれば幸いです。
今年も5月~8月の期間には、如意団~山岳部室~空手道場~岸田ロードの区域で精力的に作業に取り組まねばならないことでしょう。 空手部OBの一空会にも既に協働を働きかけていますが、如意団の学生並びに禅友会のOB、山岳部関係者も参加してもらえれば心強い限りです。

■参加した如意団4年生の菅雄祐さんの寄稿文は→こちら

担当メンバーが一丸となって取り組みました

担当メンバーが一丸となって取り組みました

”大物”の処理は大変ですね

”大物”の処理は大変ですね

作業前

作業前

作業後のすっきりした姿

作業後のすっきりした姿

 

 


●緑地基本計画レビューの実践に向けたキャンパス視察

2月14日(日)、福島顧問に同道頂き八藤会長他7名で標記視察を行いました。
午後2時に植樹会室に集合、20分程事前打合せを行い、今回の視察の趣旨が「”レビュー“の結果に沿って樹木の世代交代を図る為の当面の優先事項は何かを決め、その事に付いて大学とどう意見をすりあわせるか」であることを確認の後、約3時間かけて東西キャンパスを巡回視察しました。

事前打合せ

事前打合せ

視察中

視察中

特に気懸かりな点として目立ったのは、アカマツを圧迫する木、マツ枯れ木や衰弱したサクラ、コナラ等倒れる危険性の高い木、シュロを始めとする不要木、周辺道路との遮蔽の不十分な事でした。
結果については「キャンパス管理上の要点」として取り纏め、5日後の植樹会幹事会に報告し、更には22日の大学施設課との打合わせでも提案しました。
中身は植樹会の手で直ぐに手掛けられるものから大学の機関決定を必要とするもの、実現に数年を要するもの等々区々ですが出来るものから実施していきたいと考えています。

東キャンパス正門脇枝垂れ桜を圧迫するシイ

東キャンパス正門脇枝垂れ桜を圧迫するシイ

兼松講堂西側アカマツを圧迫するコナラ

兼松講堂西側アカマツを圧迫するコナラ

矢野二郎像周辺で伸び放題のコナラ

矢野二郎像周辺で伸び放題のコナラ

参加者名:福嶋顧問、八藤、関戸、津田、五島、浦樋、川崎、河村、善宝

 


●植樹会新旧学生理事(候補)顔合わせ会

植樹会活動に協力・貢献してくれる学生理事は卒業・入学の節目に少しずつ入れ替わって行きます。 卒業し、去って行く学生理事には先輩として良き助言と懸案事項の引継を、新任の学生理事を含む後輩諸君にはそれをしっかりと受け継いで4月以降の活動に繋げて貰おうとの想いから、今年も2月19日定例作業日の夜、塚田農場国立店にて新旧顔合わせ会を幹事、幹事OB同席の下開催しました。
学年末試験終了後の時期であり現2年生の学生理事候補2名、現学生理事4名と、新旧学生理事顔合わせ会とはいいながら学生理事の出席が少なかったのは残念でしたが、総勢19名の参加を得て参加全員が自己紹介を行い相互理解を深めながら会は和やかな雰囲気の内に進行しました。
初参加の大先輩、田中政彦氏(昭35経)よりは「新生植樹会が立ち上がった当時は少人数のOBと教職員のみの活動であったのでそれを思い起こすと今日の大勢の学生諸君が参加しての活動は信じられない」との感想を述べられながら、「一橋植樹会とリベラルアーツ」に付いてお話をいただきました。

 


●一橋植樹会総会のお知らせ

第43回(平成28年度)一橋植樹会総会を下記のとおり開催します。この機会に多くの皆様に当会直近の活動概況を説明し、今後一層のご理解とご支援を賜りたく思います。
会員の皆様には是非お誘いあわせの上、ご参加いただきますようお願いいたします。
総会資料は総会前に全会員に郵送いたします。会員への往復はがきによるご案内は割愛させていただいておりますので、出欠のご連絡は同封のFAXか以下のメール宛先にお願いいたします。

ご出席の方々には、本年度議案並びに当会の運営に関する自由活発なご意見、ご提案をお願いいたします。

当日は、お食事、飲み物等用意いたします都合上、56日までに、お申込み願えれば助かります。

日時:平成28年5月21日(土)
10時30分受付開始、11時開会

場所:一橋大学佐野書院
(電話:042-577-5230)

会費:5,000円
お申込み・お問合せ(一橋植樹会事務局)
電話:033262-0112
FAX:03-3262-2150
E-Mail:shokuju@mercury.ne.jp

昨年の総会の様子

昨年の総会の様子

<お知らせ>
「国立キャンパス緑地基本計画」のレビュー版発刊については、既に昨年12月28日更新号にてお知らせしましたが、その詳細をこのHP右側に掲載いたしました。ご興味のある方は、上のタブに掲載されている「国立キャンパス緑地基本計画」と合わせてお読み下さい。


●学生コーナー

今月は、経済学部4年の植樹会学生理事の佐藤翔一さんの寄稿文をいただきました。この3月にめでたく卒業されます。
長期にわたり植樹会に大きな貢献をしていただきましたことに感謝しつつ、今後の佐藤さんの社会での活躍にエールを送りたいと思います。

■佐藤翔一さんの寄稿文は→こちら

 


尚、入会に関しましては、会員登録はこちらをクリックしていただき、必要事項記入の上、支払方法「如水会DCカード口座よりの自動引落し」を選択し、「登録」ボタンを押していただければ、すぐに会員として登録されます。