トピックス

令和2年5月30日

― 第47回 一橋植樹会総会 ―

新型コロナウイルス感染拡大の為、3月27日、4月10日、5月8日に予定されていた定期作業は何れも中止のやむなきに至りました。更には5月16日に佐野書院にて開催を予定していた一橋植樹会総会も4月7日に出された緊急事態宣言に鑑がみ「三密」防止の観点から実施は不可能となりました。今回は特例として委任状方式による「書面表決」にて議決することにし、いわゆる「無会員総会」を5月16日に開催する事に致しました。会員の皆様には送付された総会資料をご一読頂いた上で各議案への賛否を「書面表決書」の提出によってご回答頂くように致しました。(一橋植樹会総会資料 →こちら

「書面表決書」の集計結果

5月13日の締め切りまでに386名の個人会員、10団体の合計396通の「書面表決書」を受け取りました。396票全てが次の3議案に賛成票を投じています:
(1) 令和元年度事業報告並びに決算承認の件
(2) 役員改選承認の件
(3) 令和2年度事業計画並びに予算承認の件
従いまして総会議案はいわば満場一致の賛成票を以って承認されたことになります。4月末会員総数1,540名・団体の25%を超える回答が有ったことは予想を上回るものであり、イレギュラーな形態になった今総会に示された会員の皆様のご協力に感謝いたします。尚ファクスやメールにて頂いた「書面表決書」の管理並びに集計に関しては 適正に行われたことを監事が確認しています。

蓼沼学長からの総会へのご挨拶

蓼沼宏

日頃より、キャンパスの緑の維持・保全にご尽力いただいている植樹会の皆様には深く感謝致しております。学長就任以来、会員の皆様に直接お礼を申し上げたく、総会には毎年欠かさず出席してまいりましたが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、それが叶わず誠に残念です。

今年は本学にとって、大学昇格100周年、国立移転90周年という記念すべき年です。大学昇格からわずか3年後の大正12年に起こった関東大震災により、神田一橋キャンパスが壊滅的被害を受けた東京商科大学は、昭和の初め、箱根土地株式会社(西武グループの前身の1つ)による国立学園都市開発に呼応して、この地に移転してきました。当時の写真を見ると、武蔵野の雑木林の中に開発されたキャンパスはまだ閑散としていますが、兼松講堂、時計台棟、本館、別館という、今も中心をなす建物群は既にその重厚な姿を見せ、豊かな木々との調和が見事に計られています。

それ以来90年、本学の教職員、学生、卒業生は国立のキャンパスを愛し、大切に守ってまいりました。植樹会は正にこの伝統を受け継ぐ人々の集まりです。その大きな特色は、卒業生、教職員、学生が一体となって活動しているところにあります。中でも学生にとっては、教育の一環としても有意義なものです。とかくバーチャルな世界でばかり過ごしがちな現代の若者たちが生の木々や土に触れ、さらに日常では縁のない作業機器に接するというリアルな体験をし、労働の喜びを味わうという貴重な機会を提供していただいております。引き続き作業の安全の確保と、安全教育指導をお願い致したく存じます。

落ち着いた美しい環境の中で研究・教育、そして勉学に打ち込めるのは大変恵まれたことであると常々感じています。その恵みは、世界中から本学を訪れる研究者や留学生たちもシェアするものとなっています。本学の国際化は急速に進み、在籍する外国人留学生数は2019年11月時点では922人に上りました。植樹会の定例作業日にも、キャンパスに様々な国・地域の学生たちが集い、各国の言語が聞こえてくることに気付かれた方も多いのではないでしょうか。私は、世界各地の交流協定校から学長などの幹部が来訪される折には、必ずキャンパスを案内するようにしております。近年、学生交流協定校を大幅に増やすことができたのは、本学の教育の質とともに、東京都心にはない、学ぶのに最適なこの落ち着いた美しい環境も評価していただいたからだと考えています。

さらに、最近は全国の高校で、志望大学のオープンキャンパスに参加することを強く推奨しており、本学も高校生への最も効果的な広報として力を入れているところです。首都圏だけでなく、多様な地方の優秀な高校生がオープンキャンパスに参加し、教育内容や学生生活の説明を受けると同時に、この素晴らしいキャンパスを肌で感じてもらうことによって、本学を目指す契機となることを願っています。

今年度は、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、新学期に入ってもキャンパスに学生の姿はなく、大変寂しい思いが致します。植樹会の定例作業日に、多くの会員の皆様が学生たちとともに汗を流す光景もしばらく見ておりません。一刻も早く平穏なキャンパスに戻れるよう、教職員一同、出来る限りの努力を続けてまいりますので、引き続き、ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

What's New

●学生理事の表彰

例年植樹会総会で 前年度の活動において貢献が大きかった学生理事の方に 感謝状と記念品を贈呈し、その後の懇親会でご挨拶いただいていましたが、今年は無会員総会とならざるを得なかった為、表彰者お二人へ 感謝状と記念品をご送付申し上げました。ここに あらためてお二人に感謝の意を表したいと思います。

鈴木勇翔さん(令和元年度学生代表理事) 中村優佑さん(令和元年度学生副代表)
鈴木さん 中村優佑さん(令和元年度学生副代表)
★感謝状(鈴木勇翔) ★感謝状(中村優佑)

 
 

●春のキャンパスに咲く野の草花

新型コロナウイルスはキャンパスへの人の出入りを差し止めの事態に追い込みましたが、キャンパスの春の草花は自然の大きな摂理のまま日差しと薫風の下で彩りを加えています。キャンパスの四季の草花の息吹を、森林インストラクターの資格を持つ飯塚副会長の丁寧な解説と美しい写真で皆さんにお楽しみいただきたくご案内いたします。今回は春の草花です:

キャンパスの四季-1

キャンパスの四季-2

キャンパスの四季-3

 

 
 

●植樹会作業班ホームページ

今月から作業班のホームページを ご覧いただけるように致しました → こちら

 

入会に関しましては、会員登録はこちらをクリックしていただき、必要事項記入の上、支払方法「如水会DCカード口座よりの自動引落し」を選択し、「登録」ボタンを押していただければ、すぐに会員として登録されます。