トピックス

令和3年5月31日

第48回一橋植樹会総会を開催致しました

第48回一橋植樹会総会

第48回一橋植樹会総会資料

新型コロナウイルス感染拡大が続き 今年の一橋植樹会総会も昨年と同様に表決書による議決という無会員総会を余儀なくされ、3回目の緊急事態宣言発令下の5月22日に開催されました。

5月20日の「書面表決書」受付締め切り迄に341名(含む団体)の「書面表決書」を接受致しました。イレギュラーな形態の総会にも拘わらず20%を越える会員の方からの送付に感謝致します。

4議案は 何れもほぼ全員の方の賛成を得て可決致しました。定款一部改正について2名の会員の方から反対のご意見を頂戴しておりますが、こちらから改正を図るに至る経緯を改めて説明したので、ご納得いただけたと思います。

第1号議案:令和2年度事業報告並びに決算承認の件
第2号議案:役員改選承認の件
第3号議案:令和3年度事業計画並びに予算承認の件
第4号議案:定款一部改正承認の件

尚「書面表決書」の管理及び集計に関しては 適正に行われた事を監事が確認しております。

→ 第48回一橋植樹会総会資料


中野学長からの総会へのご挨拶

中野学長

中野学長

学長挨拶

 2020年度を通じて国立キャンパスは、Covid-19感染症拡大防止のために大学関係者以外の入構を原則としてお断りして、授業も年度前半は全面オンライン、後半も一部授業を除いてオンラインを続け、課外活動も厳しく制限して、キャンパスには人影も疎らな状況が丸一年ものあいだ続きました。一橋植樹会の皆様には、入構規制下のボランティア作業にご不自由も多く、学生・教員の参加も難しいなか、少人数で緑の維持と環境保全に黙々と取り組んでいただいたことに深く感謝申し上げます。

2020年9月に学長に就任以来、私は、平日毎朝キャンパス西北端に位置する職員住宅を出て、国際交流会館前の西門より入構しております。コロナ禍をきっかけに学内外の対面会議や面談などが減りました。これに乗じて、朝露に濡れても良い軽装とゴアテックスのシューズで通える日には、遠回りして、たとえば岸田ロードから野球場・陸上競技場の外縁の小径をめぐるなどして法人本部棟に向かうようにしています。四季が鮮やかに移ろう景色と清冽な空気を満喫しながら、この3月までは、コロナ禍でこの景色を独り占めしているようなのがなんとも申し訳ない心地の毎日でした。なかなか同僚には信じてもらえませんが、人影の絶えた年初には狐らしき姿も見かけました(谷保地域から来たようです)。

コロナ禍の収束はまだ見えませんが、3月には昨年同様に卒業式を、4月には前代未聞の1・2年生合同入学式を挙行し、新年度からは感染拡大防止を大前提としながらオンラインと併行して多くの対面授業を再開、キャンパスに学生諸君の姿が戻りました。その声に接して学生諸君がいかに国立キャンパスを愛し誇りに思っているかを知らされた思いがしております。その愛情・誇り・アイデンティティの核にある、この素晴らしいキャンパスづくりに多大なる尽力と貢献をいただいている一橋植樹会の皆様には、あらためて深く感謝申し上げますとともに、今後とも、卓越したコミュニティ・一橋大学の緑と景観の形成・保全に向けて教職員・学生ともども歩んでいただきますよう、お願い申し上げます。

中野 聡(昭58法・平2博社)

2021年5月20日

 
 

What's New

3回目の緊急事態宣言発令下においても 人数制限の励行と感染防止対策の確行により、今月も4回の臨時作業を計画し実行致しました、先月末報告の4月28日の作業と併せて作業の状況をお伝え致します。尚今月最終回27日の作業は来月報告とさせていただきます。

4月28日、5月7日、 5月14日の作業日においては ひょうたん池周辺と磯野研究館南側での整備作業を行いました:
・ひょうたん池周りのササの刈取、雑草と不要木及び落枝の除去整理
・磯野研究館南側のツツジの剪定

ササを刈払機で

ササを刈払機で

除去する枝の処理

除去する枝の処理

足許慎重に

足許慎重に


身を乗り出して

身を乗り出して

5月20日は第一研究館と図書館の間(図書館裏)、国際交流館東側、第二講義棟周辺のクズの刈取、雑草の除去に努めました:

成るべく沢山のクズ類の刈取を図る

成るべく沢山のクズ類の刈取を図る

長く引き抜く

長く引き抜く

三人クズと格闘

三人クズと格闘


図書館裏での作業

図書館裏での作業

今年は梅雨の入りが早いという事で 5月の半ば過ぎには東京も毎日曇り空から雨模様の週がありましたが、気温も上昇し 植物の生育のスピードもグンと上がり、作業も質・量共に対応に励まねばなりません。入念なプラニングと準備でまいります。

西本館横現状

西本館横現状

参加者(上記4作業):八藤(昭40経)、関戸(昭40社)、樋口(昭41法)、津田(昭42商)、徳永(昭42商)、高原(昭42社)、湯川(昭42社)、五島(昭44経)、谷中(昭45社)、川崎(昭46経)、芦田(昭47社)、河村(昭49経)、小山修(昭49法)、山口(昭49法)、須藤(昭50商)、飯塚(昭50経)、木田(昭50社)、秦(昭50社)、藤原(昭51商)、村上(昭52法)、蔵屋(昭53商)、善宝(昭53法)

  
参考「作業班ホームページ」はこちら →     

 

●アカマツ基金へのご寄付

3月及び4月に こちらの4名の方々からご寄付をいただきました。誠に有難うございます。趣旨に沿い大切に使わせていただきます。
波多野昇(昭29社)      小塚埜武寿(昭41商)      三澤建美(昭47経)
田所亮子(昭63経)

入会に関しましては、会員登録はこちらをクリックしていただき、必要事項記入の上、支払方法「如水会DCカード口座よりの自動引落し」を選択し、「登録」ボタンを押していただければ、すぐに会員として登録されます。